パワエレ技術者にとっての伝達関数とは何なのか?

伝達関数セミナーや制御技術セミナーの冒頭で

「伝達関数とは何でしょうか?」

という質問をすると

「さっぱりわかりません!」

という回答も稀にありますが・・・

「入力と出力の関係を表す式」
「制御系の安定性や応答性の評価に使う関数」
「入力と出力のラプラス変換の比」

だいたいこのような回答が返ってきます。

もちろんその通りで、一般的な教科書にもそう書いてありますが、
パワエレ技術者にとっての「伝達関数」とは

● パワエレ回路の回路方程式の解
● パワエレ技術の基礎中の基礎

です。

パワエレシステムの主回路や制御回路の回路方程式を解くということは
パワエレ技術の習得において絶対に避けて通れない根本的な基礎です。

つまり、伝達関数はパワエレの基礎であり
伝達関数がわかればパワエレの学習はスムーズに進みます。

大学で教わる伝達関数は難しいというイメージがあるかもしれませんが
パワエレ技術者が使う範囲に限れば、伝達関数はとても簡単です。

つづく

PAGETOP